ちょっこりのルール

f:id:chottokorin:20161226090834j:plain

ちょっこりで一番大切にしているのは、前述のとおり「自分のアタマで考える」ができる環境を整えることです

これは子どもだけが考えるでなく、関わるオトナも「整えるためにはどうしたらよいか」を自分のアタマで考えるのです。

始めたばかりの3・4月はスケジュールはありませんでした。

ちょっこりのルールは3つだけ

①自分をだいじにする。同じくらいあいてをだいじにする。

②自分のものと人のものの区別をつける。

③あいてがいやがることをしない。

「ちょっこり」にいたければ、この3つだけは守ってください。

できない、守りたくないのならこの空間にはいられません。

以上(^^♪

 

漠然としていて子どもには難しいかも?

いえいえ、これも「自分のアタマで考える」ための仕掛けです。

子どもは本来とっても素晴らしい力を持っています。でも育つ過程でその力を発揮することを禁じられたり、発揮する場を得られないまま大きくなるとどうなるか。